Group Companies

Ananya Finance for Inclusive Growth

アナニャ・ファイナンス・フォー・インクルーシブ・グロース(アナニャ)は2009年に米国NGOであるウィメンズ・ワールド・バンキングのインド・チャプターによって設立されました。同社はマイクロファイナンスおよび社会的企業のみに法人融資をするノンバンクであり、ダブル・ボトムラインの達成に向け取り組む法人らにのみ融資をしています。マイクロファイナンス分野においては、インドの大規模MFIから小規模MFIまで幅広く資金を提供しています。また、融資を行うのみならず、融資先のMFIや社会的企業らに技術的支援を提供してきた点に特徴があります。同社のボードはインドの開発金融セクターの第一人者らにより構成されています。

Cambodia

Maxima Microfinance

Maximaは2000年に設立され、農村部の貧困層や低所得者、中小零細企業SMEの生活水準の向上とビジネス目標の実現のための融資を行っています。Maximaは、「最高品質の顧客サービスを提供し、業界のリーディングプレーヤーになる」というビジョンを達成するために、2014年に五常からの増資を受入れました。 業界では常にマイクロファイナンス機関の数が増えている中、Maximaは中小零細企業向けローンを拡大し、地場産業に貢献しています。Maximaの従業員満足度は非常に高く、離職率は業界平均の約1/3であり、これは同社が社会的インパクトをうみだす土台となっています。その賢明さと倹約精神のおかげで、Maximaは設立以来、不良債権比率の悪化を経験しておらず、継続的に収益を上げてきました。

Myanmar

Microfinance Delta International

ミン・スウェによって2013年に立ち上げられたスタートアップであるマイクロファイナンスデルタは2015年に五常とJVを組むことになり、名前をマイクロファイナンス・デルタ・インターナショナルとしました。会社のビジョンは全ての低所得の人々に貧困からの自由、尊厳と意義のある人生を送る機会を提供することです。ミッションはマイクロファイナンスを提供することでマイクロビジネスの機会を促進および低所得層の生活水準の向上を目指すものです。 ミャンマーのUNDPのマイクロファイナンスプログラムの代表も務めたミン・スウェは、業界の権威ある実務家として知られており、複数の著書もあります。彼はグラミン銀行が導入したメソッドをミャンマーの実情に合う形で改良しました。指数関数的な速度で成長を続けながらも、ローンの質は高く保たれており、働く環境も良好に保たれています。

Satya MicroCapital

サティアは伝統的なマイクロクレジットとテクノロジーを融合させたサービスを展開しています。同社は人間のぬくもりとテクノロジーを両立させたマイクロファイナンスを提供することを信条としています。強固な審査・承認メカニズムを背景に、サティアは早く便利で廉価な無担保ローンをBOP層に提供しています。2018年時点において、同社はインド郊外においてキャッシュレスのマイクロファイナンスを提供する唯一のMFIであり、融資の返済は顧客の指紋認証で完了しています。インドで最も速い成長を達成しているMFIでもあり、設立から2年で80以上の支店を設立しています。創業CEOであるビベック・ティワリ氏はインドにおける高名なマイクロファイナンス実務家であり、これまでに数多くの賞を受賞しています。

Sri Lanka

Sejaya Micro Credit

五常のメンバーであるレヌーカと彼女のチームメンバーは現在の利益重視の大手マイクロファイナンス企業が忘れてしまった真のマイクロファイナンスを届けるべくSejaya Micro Creditを2015年に設立しました。Sejayaのビジョンは、人々の貧困の削減、雇用の創出、地位向上に最も貢献するマイクロファイナンス機関となることです。ミッションは、包括的な金融サービスを貧困、不遇に苦しむ男女に提供し、彼らの経済状況の改善、責任ある形での雇用機会の創出をすることです。 創業者兼CEOのレヌーカは、スリランカで尊敬を集めるマイクロファイナンス専門家であり、熱意あふれる同僚たちとともにゼロから組織を作り上げました。スタートアップ企業であるにも関わらず、Sejayaは高い評判と人気を獲得しており、今では80%以上の顧客、社員が関係者からの口コミで集まってきています。Sejayaは社会にインパクトを残しながらも収益化と持続性を兼ね備えています。

Ananya Finance for Inclusive Growth

アナニャ・ファイナンス・フォー・インクルーシブ・グロース(アナニャ)は2009年に米国NGOであるウィメンズ・ワールド・バンキングのインド・チャプターによって設立されました。同社はマイクロファイナンスおよび社会的企業のみに法人融資をするノンバンクであり、ダブル・ボトムラインの達成に向け取り組む法人らにのみ融資をしています。マイクロファイナンス分野においては、インドの大規模MFIから小規模MFIまで幅広く資金を提供しています。また、融資を行うのみならず、融資先のMFIや社会的企業らに技術的支援を提供してきた点に特徴があります。同社のボードはインドの開発金融セクターの第一人者らにより構成されています。

Maxima Microfinance

Maximaは2000年に設立され、農村部の貧困層や低所得者、中小零細企業SMEの生活水準の向上とビジネス目標の実現のための融資を行っています。Maximaは、「最高品質の顧客サービスを提供し、業界のリーディングプレーヤーになる」というビジョンを達成するために、2014年に五常からの増資を受入れました。 業界では常にマイクロファイナンス機関の数が増えている中、Maximaは中小零細企業向けローンを拡大し、地場産業に貢献しています。Maximaの従業員満足度は非常に高く、離職率は業界平均の約1/3であり、これは同社が社会的インパクトをうみだす土台となっています。その賢明さと倹約精神のおかげで、Maximaは設立以来、不良債権比率の悪化を経験しておらず、継続的に収益を上げてきました。

Microfinance Delta International

ミン・スウェによって2013年に立ち上げられたスタートアップであるマイクロファイナンスデルタは2015年に五常とJVを組むことになり、名前をマイクロファイナンス・デルタ・インターナショナルとしました。会社のビジョンは全ての低所得の人々に貧困からの自由、尊厳と意義のある人生を送る機会を提供することです。ミッションはマイクロファイナンスを提供することでマイクロビジネスの機会を促進および低所得層の生活水準の向上を目指すものです。

ミャンマーのUNDPのマイクロファイナンスプログラムの代表も務めたミン・スウェは、業界の権威ある実務家として知られており、複数の著書もあります。彼はグラミン銀行が導入したメソッドをミャンマーの実情に合う形で改良しました。指数関数的な速度で成長を続けながらも、ローンの質は高く保たれており、働く環境も良好に保たれています。

Satya MicroCapital

サティアは伝統的なマイクロクレジットとテクノロジーを融合させたサービスを展開しています。同社は人間のぬくもりとテクノロジーを両立させたマイクロファイナンスを提供することを信条としています。強固な審査・承認メカニズムを背景に、サティアは早く便利で廉価な無担保ローンをBOP層に提供しています。2018年時点において、同社はインド郊外においてキャッシュレスのマイクロファイナンスを提供する唯一のMFIであり、融資の返済は顧客の指紋認証で完了しています。インドで最も速い成長を達成しているMFIでもあり、設立から2年で80以上の支店を設立しています。創業CEOであるビベック・ティワリ氏はインドにおける高名なマイクロファイナンス実務家であり、これまでに数多くの賞を受賞しています。

Sejaya Micro Credit

五常のメンバーであるレヌーカと彼女のチームメンバーは現在の利益重視の大手マイクロファイナンス企業が忘れてしまった真のマイクロファイナンスを届けるべくSejaya Micro Creditを2015年に設立しました。Sejayaのビジョンは、人々の貧困の削減、雇用の創出、地位向上に最も貢献するマイクロファイナンス機関となることです。ミッションは、包括的な金融サービスを貧困、不遇に苦しむ男女に提供し、彼らの経済状況の改善、責任ある形での雇用機会の創出をすることです。 創業者兼CEOのレヌーカは、スリランカで尊敬を集めるマイクロファイナンス専門家であり、熱意あふれる同僚たちとともにゼロから組織を作り上げました。スタートアップ企業であるにも関わらず、Sejayaは高い評判と人気を獲得しており、今では80%以上の顧客、社員が関係者からの口コミで集まってきています。Sejayaは社会にインパクトを残しながらも収益化と持続性を兼ね備えています。

Bitnami