Manifesto

我々は誰もが自らの宿命を乗り越え、よりよい人生を勝ち取る機会を有する世界をつくることを目指しています。最初のミッションは、2030年までに民間版の世界銀行をつくり、ほぼ全ての途上国で1億人以上に金融アクセスを提供することです。

金融アクセスは機会の平等実現において極めて重要な役割を果たしています。豊かな国に生きる私たちにとってそれは空気のような存在で、その大切さを理解することは難しくなっています。しかし、融資を受けられない、預金口座を持てない、安心して病院に通える保険がないような世界はフェアとはいえないでしょう。しかし今も世界の20億人以上はこうした状況下にあります。これは重大な機会の不平等であるのみならず、人類の進歩に対する障害になっています。

小規模金融サービスであるマイクロファイナンスは、これまで途上国における金融アクセスの拡大に大きく貢献してきました。しかし、セクター全体における資金不足、十分な訓練を受けていない経営陣で構成された組織が多いこと、利息のみに頼っているために高止まりしている利息や手数料など、課題も少なくありません。

こういった課題を解決するために我々は五常を創業しました。私たちの変革理論は次の通りです。
1.買収・設立を通じて世界中に五常のマイクロファイナンス子会社を持つ
2.各国において最高の経営を実施し、質の高いサービスと従業員を育てる
3.複数国展開を活かし革新的な金融サービスを創出する

多くのマイクロファイナンス機関が経営能力不足等により多国展開に失敗する傍ら、五常は全ての事業国で優れた実績をあげています。そして、事業地域を拡大した後には世界中の顧客のデータを活用し、他の事業をつくっていきます。それは例えば、より精緻な与信管理、途上国進出企業へのマーケティング支援、その他の金融サービスの開発などです。長期的には利子からの収入だけではなく、融資事業以外でも収益を生み、それによって利率や手数料率を下げていきます。そのようにして、最終的には世界中でどこよりも高品質で安価な金融サービスを届けることを目指します。

Code of Conduct

1) フェアかつ誠実な方法により長期的な利益を最大化すること
利益をあげることは事業の持続的発展のために必須のことであるが、五常は長期的な利益を最大化することにこだわる。長期的な利益は顧客とフェアな関係を築くことでしか得られないものであり、決して顧客を搾取して利益をあげようとしてはならない。

​2) ミッションとビジョンに忠実に、正々堂々と仕事をすること
楽なこと、便利なことではなく、ミッション・ビジョンに照らし合わせて為すべきことを行う。小手先の策略を用いず、常に正々堂々と仕事をする。

3) コミュニケーションが率直かつ徹底的にオープンであること
誰に対してでも言うべきことを言える関係をつくり、重要な方針については議論を尽くす。生々しい話、どぎつい話を常に社内で行えるようにすること。情報を徹底的にオープンにし、メンバー全員が、全てのコミュニケーションや情報にアクセスする権利を有している状態をつくる。

4) 多様性を歓迎すること
仕事に重大な支障が生じると皆が同意するものを除き、文化、意見、価値観、ライフスタイル、趣味嗜好、信仰などの違いを全面的に歓迎する。一定タイミングを越えた段階においては、一国の出身者が40%を超えない組織、特定の性別が60%を超えない組織をつくる。

​5) 世界最高の仕事を行うこと
世界最高と認められる品質の仕事をすること。限られた時間で仕事の質を高めるために一切の妥協を排する。金融において信頼は生命線であり、事業上の秘密は決して外に漏らさないこと。

6) 他人に求める以上に自分を厳しく律すること
出資先、取引先、顧客など、自分たちより相対的に立場が弱い人びとに対して何かを要請するとき、自らに課している厳しさ以上のものを要求してはならない。自分たちを誰よりも厳しく律し、先方が進んでこちらの意見に従うようになることを目指すこと。

7) 質素、謙虚、素直であること
出資先の人びとおよびその顧客の生活を思い、華美な暮らしをしない。自らの無知を知り、出資先の人びとや顧客を教師とし、謙虚に学ぶ姿勢を持ち続ける。自分の間違いに気づいた場合にはそれを素直に認める。

8) 信頼関係を一対一で築きあげること
出資先、MF利用者、取引先など、人との信頼関係は一対一のテーラーメイドで作り上げる。全ての出会いに対して、一期一会の精神で最大の誠意をもって臨む。

9) 仕事を楽しむこと
どんな仕事であっても、どんなに苦しい時でも辛い時でも、ユーモアを忘れず仕事を楽しむ。

10) 懸命に働きながらも、家族や個人の生活を犠牲にしないこと
仕事に打ち込むとしても、それによって家族が崩壊したり、個人の生活が侵されたりするようになってはならない。ダラダラと仕事をするのではなく、集中して決まった時間に仕事を終わらせること。

Bitnami